一般社団法人 富田林市人権協議会

 本会は、一般財団法人大阪府人権協会と協働・連携し、富田林市と協力して部落差別解消をはじめとした人権問題の解決のための施策を実施し、差別のない人権尊重のまちづくりの実現に寄与することを目的としています。

(写真は富田林市立人権文化センターの前にある解放の碑です。「人の世に熱あれ、人間に光あれ」という水平社宣言の一節が西光万吉の筆で刻まれています。)

NEW!

第37回部落解放富田林教育・人権研究集会

今年は

巡回人権パネル展~私たちの街で「リバティおおさかを~

を開催します

 

日 時:12月3日(木)~5日(土)午前9時~午後9時

    ただし、5日は午後5時で終了

場 所:富田林市立人権文化センター

参加費:無料

主 催:第37回部落解放教育・人権研究集会実行委員会

 

<内容>
(1)日本の歴史と差別問題

(2)関西とハンセン病問題

(3)地元地域の文化財・歴史資料

 

※参加申し込みは不要です。誰でもお気軽においでください。ご来場の際は、事務局の(一社)富田林市人権協議会前で受付をしてください。コロナの対策を行いますが、ご自身もマスクは着用してください。

 

お問合せ:事務局 (一社)富田林市人権協議会


2020年度 部落問題連続講座 参加者募集中!

2021年3月10日(水)「部落問題と日本の恋愛・結婚」

はまだ申し込み可能です。

2016年12月「部落差別解消推進法」が施行され、その中で「部落別を解消するため、必要な教育及び啓発」に努めることがうたわれています。今回の連続講座では、激変するコロナ禍社会において、部落の歴史と現状、激変する社会の中で新たな形態で現れる部落差別の実態を学び、どうしたら部落差別をなくせるかを一緒に考えていきます。

*日時     2020年10月7日(水)、10月21日(水)、10月28日(水)、11月4日(水)

          2021年3月10日(水) いずれも午後3時~5時

         希望者にはオンライン配信可

*募集人員  20名申込先着順(コロナ対策により制限)

*参加費    5回通し1000円/人(正会員600円・賛助会員800円)

          いずれか1回のみの参加 300円/人

          ※資料代含む

*場所      富田林市立人権文化センター

*申し込み    電話またはFAXで

          電話 0721-24-3700  FAX 0721-25-5952

                        (下記のチラシを参照してください)

富田林市生活困窮者自立相談支援事業

「お困りサポート・おすそわけ宅配便」を実施しています!

(一社)富田林市人権協議会では、本年度4月から富田林市生活困窮者自立支援制度の一環として「お困りサポート・おすそわけ宅急便」事業を受託しました(市社協を通じた再委託)。この事業は、ふーどばんくOSAKAと協力し、生活にお困りの家庭に対し無料で食料品を宅配し、その間様々な相談にを受けて家庭の自立をお手伝いする制度です。

お困りの方がありましたらお気軽に相談してください。

お問合せ

(一社)富田林市人権協議会 0721-24-3700

あしたねっと富田林(富田林市自立支援相談窓口) 0721-25-1000(内線273・274)

 



主な事業

生活相談風景

ハローワークへの同行支援等

フィールドワーク受け入れ等



市営住宅の建替え工事

配食サービス「たんぽぽ」の

調理風景

楽しい子ども食堂